MEDIA医療脱毛

顔の医療脱毛/足利・佐野・太田で顔脱毛をするなら

ボヌールビューティーメディックは足利市/佐野市/太田市エリアを中心に、健康的な美しさと若々しさを手に入れるための美容情報を発信しています。

今回のテーマは「顔脱毛」です。

皆さんは『お顔の毛の処理』どうされていますか?顔に産毛やヒゲが生えていないと、お化粧ノリが良くなったり、清潔感のある印象を持たれたりしますよね。しかし顔は皮膚が薄くデリケートな部位です。

頻繁な自己処理によるカミソリ負けや乾燥、ニキビといった肌トラブルに悩まされている方も多いのではないでしょうか?実は顔の脱毛というのは、医療脱毛の中でも非常にニーズの高い部位なんです。そこで今回は、クリニックで行う「顔脱毛」についてメリットや知っておきたいポイントなどをご紹介いたします。

本記事の監修:ボヌールビューティーメディック 渡辺邦夫医院長 北海道大学医学部卒業。平成元年10月に「わたなべ整形外科」を開業。自由診療部門として平成18年6月に美容皮膚科「ボヌール ビューティーメディック」を開設。地域に根ざした美容医療を提供しています。


どうして医療脱毛がいいの?

医療脱毛はレーザー脱毛とも言われています。レーザー光が毛や毛根のメラニン色素に反応して熱を発生させ、その熱が毛母細胞(毛を作る細胞)にダメージを与えることで新たな毛が再生されなくなる仕組みです。

そのため、複数回の照射で脱毛が完了するとされており、結果として自己処理の回数が減ったり不要になったりします。また、医療脱毛を行える医療機関には医師が常駐していますので、「肌が弱いので相談したい」「脱毛後に肌トラブルが出てしまった」といった場合も医師による診察をスムーズに受けられます。デリケートな顔の脱毛も安心してお受けいただけますね。

顔脱毛とは?

顔脱毛というのは、名前の通り「顔」のムダ毛を脱毛することです。クリニックでは一般的にレーザー脱毛が行われます。当院では顔のパーツを以下のように部位分けしています。

・額・頬・もみあげ・眉間/鼻・鼻下・あご・あご下

例えば「口まわりの毛が気になるから鼻下とあごだけ脱毛したい」というように気になる部位を選んで脱毛することもできますし、これらのパーツ全てを『顔全体』として脱毛することも可能です。(メンズ・レディース共通)

顔脱毛は何回必要?どのくらいの頻度で通うの

クリニックで行う医療脱毛は、レーザーを使用して毛母細胞にダメージを与え、新たな毛の再生を抑制します。そのため高い脱毛効果が期待でき、ワキなどは5〜6回の照射で自己処理が不要になるという方がほとんどです。顔脱毛も同じなのかというと・・・残念ながら少し違います。

女性の場合は顔の毛が細く産毛状で、毛のメラニン色素も少ないため、レーザー光が反応しにくいのです。そのため脱毛が完了するまでに他の部位よりも回数が多くなる傾向にあり、目安として5〜10回程度とお伝えしています。もちろん個人差はありますが、顔は体の倍くらいの回数が必要とお考えください。

男性の顔脱毛は主にヒゲがターゲットになりますが、ヒゲは毛根が深く、レーザー光が毛母細胞に届きにくいため、効果が現れにくい部位でもあります。1回の照射でも脱毛効果の実感はありますが、「ヒゲ剃りが楽になった」と感じるまでには5〜6回、毛周期を考えると最低でも10回以上必要になることが多いとお考えください。ヒゲ剃り不要のツルツルの状態にするには15〜20回がひとまずの目安とお伝えしています。

当院では女性の顔脱毛も男性のヒゲ脱毛も、毛周期のサイクルに合わせて4週〜6週おきをおすすめしています。 間隔が短すぎると反応する毛根が少ないために脱毛効果を感じにくくなったり、逆に間隔が空き過ぎてしまうと毛周期のサイクルとズレが生じ、結果として必要以上に回数がかかるなど、脱毛効率が悪くなってしまいます。

顔脱毛は痛いの?

医療脱毛の痛みは『輪ゴムで肌を弾かれたような痛み』と表現されます。もちろん痛みの感じ方には個人差がありますが、

  • 太く濃い毛が生えている部位 
  • 毛量が多く密に生えている部位 
  • 皮膚が薄くデリケートな部位 
  • 皮膚の色が黒かったり色素沈着(黒ずみ)のある部位

などは、より強く痛みを感じやすい傾向にあります。

では顔脱毛の痛みはどの程度なのか?当院にお通いいただいている患者様の様子を見ていると・・・

女性の場合

産毛の割合が多いということもあり、ほとんど痛みを感じない方や軽くパチっと弾かれたような軽い痛みで済む方がほとんどのようです。ただし、皮膚が薄く痛みに敏感な鼻下は少し強めの痛みが生じますので、ご様子をうかがいながらゆっくり照射していきます。

男性の場合

顔の中でも比較的細めの毛が多い頬上部や額、鼻などは、チクチクするような刺激があるだけでほとんど痛みを感じないという方が多いですが、太くて濃い毛が生えるヒゲ部分(鼻下・あご・あご下・頬下部)は強めの痛みを訴える方が多い印象です。

しかし、耐えられないほどの激痛というわけではありませんし、当院使用の脱毛レーザーは冷却ガスによる痛み緩和が可能ですのでご安心ください。

どの部位でも言えることですが、脱毛回数を重ねるほど反応する毛の量も減っていきますので、それに伴い痛みが軽減されていきます。

顔脱毛のメリットは?

顔脱毛することでどのようなメリットがあるのかをご紹介していきます。

化粧ノリが良くなる

顔脱毛をすると毛による肌表面の凹凸が減るため、化粧ノリの良さを実感される方が多いです。また、下地やファンデーションなどが肌に密着しやすくなり、化粧崩れしにくくなるというメリットもあります。

肌がトーンアップし、顔色が明るくなる

ヒゲ以外は細い毛や産毛が多い顔の毛ですが、それらの毛にもメラニンという黒や茶の色素が含まれています。そのため、顔に毛が生えているだけでも顔色がくすんで見える原因になります。太い毛やヒゲはメラニン量も多く、剃ったとしても皮下に残る毛の断面が透けて見えるので肌が黒ずんだり青く見えたりします。顔脱毛では原因となる毛を毛根から処理するため、顔色が1トーン明るくなったり、お肌に透明感が出たりします。

毛穴が目立たなくなる

顔脱毛に限ったことではありませんが、医療脱毛をすると皮下に残った毛も処理されて無くなるので、毛穴が引き締まって小さくなっていきます。完全に毛穴がなくなる訳ではありませんが、徐々に毛穴の目立たない肌になっていきます。

肌荒れしにくくなる

剃ったり抜いたりといった自己処理は、カミソリ負けや毛嚢炎といった肌トラブルの原因になることもあります。お仕事の関係上、カミソリ負けで肌荒れがひどくても毎日ヒゲ剃りが欠かせないという方も多いのではないでしょうか?

顔脱毛をすると自己処理の回数が減るため、肌への負担を軽減でき、肌荒れしにくくなります。

自己処理の手間がなくなる

顔脱毛は完了までに回数がかかるとお話ししましたが、クリニックで行う医療脱毛では、毛母細胞(発毛組織)にダメージを与えるため、脱毛後しばらくは新たな毛が生えてこないことも多いです。

そのため「毎日ではなく週何回かヒゲ剃りをすればOKになった」「生えてくる毛が細く量も減ったので、剃りやすくなって時短になる」など、自己処理による手間を省くことができます。

清潔感がアップする

特に男性の場合、朝のうちにしっかりヒゲ剃りをしても夕方になるとヒゲが伸びて肌が青黒く見えてしまう、とお悩みの方も多いのでは?近頃では「口周りのヒゲは飲食物が付いて汚い印象がある」など、男性のヒゲに良いイメージを持っていない方も増えています。

顔脱毛をすることでヒゲが生えてこなくなるだけではなく、自己処理による肌荒れも改善するため、清潔感のある印象を与えることができます。

顔脱毛の前後に注意することは??

少しでも痛みを軽減しつつ効果的に顔脱毛をしていくために、顔脱毛の前後で注意していただきたい点をご紹介します。

紫外線対策をする

メラニン色素にレーザー光を反応させる医療脱毛では、紫外線対策が必須です。日焼けしている肌はメラニン量が多いため、毛だけでなく皮膚のメラニン色素にもレーザーの熱が作用してしまい、やけどの原因になります。それだけでなく皮膚にもレーザー光が分散してしまうので、期待する脱毛効果が得られないこともあります。

季節により量の差はありますが、年間通して紫外線は降り注いでいます。特に顔は常に肌が露出している状態なので、日焼け止めを使用し、日傘や帽子を利用するなど紫外線対策を万全にしましょう。

保湿をする

乾燥している肌はバリア機能が低下しているため、外部からの刺激を受けやすく、肌トラブルを生じやすくなっています。このような状態でレーザー照射をすると、いつも以上に痛みを感じやすくなります。

また、医療脱毛後はレーザーの熱により肌の水分が蒸発しやすく乾燥感が強まるので、いつも以上に入念に保湿ケアをしましょう。乾燥がひどく肌トラブルを引き起こしている場合は、施術をお控えいただくこともあります。毛周期のサイクルに合わせた適切なペースで受けられなくなり、脱毛効率の悪化にもつながりますので注意しましょう。

ボヌール ビューティーメディックで顔脱毛!

顔脱毛やヒゲ脱毛をしたことで「肌がきれいになった」「毎日のヒゲ剃りから解放された」などの嬉しいお声をいただいます。

ボヌール ビューティーメディックではお得なキャンペーンや痛みが心配な方向けのトライアルメニューもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

202403キャンペーン全身脱毛

 

まずはお気軽にご相談ください。

関連コラム